嫌われる勇気 すべての悩みは「対人関係の悩み」である 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」の1項目ずつ書評しております。

今日は、「すべての悩みは「対人関係の悩み」である」についてです。

すべての悩みは対人関係の悩みというアドラーの言葉です。

これはアドラー心理学の根底に流れる概念という事です。

 

私も良く図を使って説明するのですが、

「自己受容」が出来るには、他者の意見に惑わされない事が重要なのです。

他者からの言葉や視線で自分の行動が変わってしまうと、

「自分」が失われて行きます。

ここで、大切なのは、

「ダメな自分も受け入れている」事

これが出来れば、他者になんと言われようが、

「ごめんなさい」が言えるのです。

人は、嫌われたくない、悪口を言われたくない

の裏側に、否定されたくない、痛い所を突かれたくない

という思いが存在します。

俗に言う、「劣等感」や「コンプレックス」のような物です。

ここを隠している間は、「ありのままの自分」ではありませんので、

人間関係の問題が多くなるはずです。

「ダメな自分」がいるから、「認められたい」ですし

「ダメな自分」がいるから、「誰かにわかってもらいたい」のです。

「ダメな自分」がいるから、「親友」を求めるし、

最悪その人が離れると、「裏切られた」といいます。

これは、恋人関係でも、夫婦関係でも同じです。

「ダメな自分を受け入れる」=「自己受容」につながります。

これが出来る事で、人間関係の問題は限りなく減っていく事でしょう。

「嫌われる勇気」という本に、「自己受容」の実践が加わる事で、

その方法がとてもわかりやすくなります。

アドラー女子を目指すあなたにも、「自己受容の実践」が必須になりますよ。


 

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック