嫌われる勇気 「人生とは連続する刹那である 」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「人生とは連続する刹那である」という項目です。

山の頂上を目指す人は沢山おります。

しかし、山の頂上でなければばらないと、おのずと劣等感が生まれます。

そして、例え頂上に辿り着いたと思っても、そこから更なる頂上が現れます。

すると、いくら頑張っても、頂上に辿り着く事がありません。

では、どうすれば良いかと言うと、

著書では、「今を生きましょう」という事です。

今という線を描いていけば、それが連続する事が人生となります。

社会性を追い求めると、他者との比較になり、山登りをしないといけなくなります。

精神性という方向は、競争がありません、個性を大切にします。

現代は社会性で成り立っております。

ですから否定は、できませんが、

精神性という方向にシフトする事が可能です。

こちらは個性を活かしますので、他者との競争はありません。

 

地位、名声を勝ち取った人は、そこから降りるのが怖くなります。

なぜならその地位や名声で自分を律しているからなのです。

しかし、それは社会から離れると、いとも簡単に崩れ去ります。

しかし、ここの神話を信じて頑張る人は多いです。

全ての人が間違う訳ではありませんが、注意が必要です。

「自己受容」は精神性の方向です。

しかもその根底となる基盤ですから、まずここが大切なのです。

やっぱり「自己受容」


禅・こころの合宿

「禅」自分を客観視する世界観

4月1日2日 箱根「花月園」で開催!!

自己受容

 

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック