嫌われる勇気 なぜ自分の事が嫌いなのか 「自己受容」

 

皆様、明けましておめでとうございます。

2017年が始まりました。

今年も宜しくお願いいたします。

アドラー心理学である「嫌われる勇気」の1項目ずつ書評しております。

今日から第二夜「すべての悩みは対人関係」に入りました。

そして、1項目目の「なぜ自分の事が嫌いなのか」についてです。

 

しかし、この哲人はネガティブですね~

書斎でカウンセリングをしているとありますが、

カウンセリングで、こんなにネガティブを突っ込んでいるのでしょうか?

物語にしても、このネガティブの方向の感情がわからないと、こんな事書けない内容と思います。

青年にも低意地の悪い方ですと言って不愉快になってます。

例として、青年が自分が好きでは無い事を、

※「自分を好きにならないでおこう」と決心していると?

または、※「赤面症」の人に対して、「赤面症」を必要としているって、

ひどい・・・

ただし、結論は「いまの自分」を受け入れてもらい、

例え結果がどうであったとしても、

前に踏み出す「勇気」が必要といいます。

アドラー心理学(嫌われる勇気)では、この受け入れを「勇気」で行動しろと言う事です。

そして、対人関係のなかで傷付かないなど、基本的にありえません、

対人関係に踏み出せば、大なり小なり傷つくものだ、

アドラーは悩みを消し去るには、「宇宙の中でただ一人で生きるしかない」

と言っているそうなのです。

僕の意見で恐縮ですが、なんとも、受け入れが甘い方法で、

しかも、大なり小なり傷つくと言っている対人関係に、勇気をもって

突き進めという訳ですよ。

僕からすると結構強引で、カウンセリングした人の2割くらいしか、

この方法で克服出来る人は、いないように思います。

この受け入れるという方法を、「自己受容」の実践をしていく事で、

完全にそして、全ての問題が起らなくなります。

 


 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話