嫌われる勇気 「個人心理学と全体性」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「個人心理学と全体性」という項目です。

第4夜に入り「全体論」が出てきました。

全体論とは、人間をこれ以上分割できない存在ととらえ、「全体としての私」という意味です。

第4夜は「世界の中心はどこにあるのか」と言った題名です。

この後「共同体感覚」に入っていくと思いますが、

この辺が、宗教チックになり、中々理解出来ない部分になります。

「個人心理学」を突き詰めて行くと、どんどん孤立していくように感じます。

考え方は、個人中心になっていく事で、ストレスは軽減しますが、

皆がそれを突き詰めて行くと、

怪我をして倒れている人にも、「それはあなたの問題」

と言って、突き放してしまいかねません。

そのような事態にならない「個人心理学」に必要な大前提が「全体論」です。

一人一人が意識を持ち、名前を取得し、住民登録をして

個人としての認識が生まれます。

この「全体論」の意味は、こうした個人の人権や自由という以前の話です。

 

人間を次元を上げた見方をすると、「家族」で分けられます。

さらに上げると、「居住地」、さらに上げると「日本人」

もっとあげると「男子」「女子」で分けられます。

そして更には、「人間」でくくられます。

もっと行くと、「生物」

更には、「地球」もっといくと「宇宙」

「全体論」はこんな感覚です。

「共同体感覚」というのなら「人間」でくくる次元の話という事になると思います。

自分の次元をソコに向けていかないと、話が分からなくなります。

ちなみに、「自己受容」の次元は、「地球」と一体といった感じです。

あなたの記憶にあるものは、すべてこの地球上に存在します。

自分を受け入れるという状態は、この地球全体を受け入れた事と同じ事になるのです。


ドラマを見られて、私もアドラー女子になりたい!!

っと思った方は、こちらのサイトに訪問してください。

アドラー女子になる為に・・・

アドラー女子になる為に・・・

実際そのような人にあってみたいという方は、

2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

こころのしくみ体験セミナー

【無料で受講】「自己受容実践トレーニング」

「無料」トレーニングの学び方

お得なキャンペーンをお届けします