嫌われる勇気 「人は「わたし」を使い分けられない」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「人は「わたし」を使い分けられない」という項目です。

さて、第4夜の最後に来ました。

人は「縦の関係」か「横の関係」か、どちらかしか選べない。

面白い分析です。

「自己受容」本の意識の階層図ですが、

左が「縦の関係」右が「横の関係」です。

自分をしっかり受け入れられないと、「縦の関係」になってしまいます。

他者との関係が意識の上で、対等になるのは、右側の境地なのです。

右側に行くには、意識の階層の転換が必要となりますから、

ライフスタイルの大転換というえる出来事になります。

 

このような境地になりますと、自分の意志をハッキリン述べられるようになります。

書籍にも、「意識の上で対等になる事、そして主張すべき事は、堂々と主張する事が大切です。」

と書いてあります。

こうなりますと、年齢が違っても、意識の上で対等になりますから、

意見もしっかり言え、話し合いをする事が可能です。

このようなスタイルを、会社に用いると、

「サーバントリーダーシップ」というリーダーシップの考え方になります。

次世代の最新リーダーシップ論になりますが、

リーダーはサーバント「奉仕」の気持ちが必要という考え方です。

リーダーは、上に立って引っ張るのではなく、

根になって上を支えるのです。

まさに「横の関係」です。

図でいうと、「右側」になります。

2017年2月号の「近代中小企業」という雑誌に私の寄稿が掲載されました。

記事内容は、こちらからご覧ください。


 

2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

当日のスケジュールが決まりました。

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話