嫌われる勇気 人生は他者との競争ではない 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」の1項目ずつ書評しております。

今日は、「人生は他者との競争ではない」についてです。

ここではまず、「優越性の追求」という言葉が出てきます。

これは、普遍的な欲求と言う事で、アドラーは認めています。

過剰な劣等感や優越性については警鐘をうならしています。

「優越性の追求」とは、他者との競争ではないという事です。

自分の能力を上げる為の努力や欲求、それを「優越性の追求」と言っております。

私も、この辺の話は、「欲求」と「向上心」という言葉で使います。

「自己受容」の根底である、ダメな自分も認めて出来ている自分にフォーカスしましょう

と訴える時、

ダメな自分を認めてしまったら、何もしなくなって、だらけてしまう自分がいるからできません。

と思ってしまう人がいます。

でも、それは意味が違います。

ダメな自分を認めるという事は、そんな自分もいると、認めたあと、

じゃぁここからやって行こうという、新たな視点を見て、そこに向かっていくという意味です。

私は、これを「向上心」と呼んでいます。

ダメな自分が劣等感の場合、だいたい他者との比較で自分がダメだと認識します。

このダメな自分を淘汰する為、人は頑張ります。

これを「欲求」といいます。

向上心とは、そこに他者はいません、

ダメを認めた上で、ではそこをどこから克服しようか、

という自分が向上する為の思いなのです。

アドラーの言っている、「優越性の追求」とはこのような事を

言っております。

そして、子供であっても、一人の人間として、対等に接するという考えが重要になります。

「自己受容」とは、ありのままの自分を認める事です、

それは、つまり競争がなくなるという事なのです。

哲人は、「勝ちや負けを争い合う場から身を引いた」と言っております。

良い意味のあきらめです。

「自己受容」とはここから始まります。

争いの中では、自分を認める事は出来ないでしょう。

何故なら、必ず上には上がいますから・・・

 


2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」が開催されます。

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

こころのしくみ体験セミナー

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話

コメントを残す