嫌われる勇気 「課題の分離」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「課題の分離」という項目です。

ここは大変重要な項目です。

課題の分離とは、自分の問題か他人の問題か?を切り分けるということです。

怒っている人は、相手の行動や言動に自分の感情が反応して怒っています。

それは相手の問題ですから、落ち込む必要はありません。

自分の感情に反応していない人は、理路整然と語ります。

当然そっちの方が、良い話を聞いたと感じてくれます。

誰かを助けたい、誰かにやってあげたい

という気持ちは、

自分の欲求です。

なにかをやってあげて、「ありがとう」も言わないと相手を攻めるなら

その行為は、自分の欲求です。

その行為が当り前いなっても、相手が喜ぶ事が自分の幸せと感じられるなら、

それは、本物の奉仕のこころです。

やってあげたい、教えてあげたい、助けてあげたいというその裏側は、

その人の欲求なのです。

相手にしてあげたいと思う気持ちは、自分の問題ですので、

そこは課題の分離、自分と相手を切り分けてください。

決して、歯が痛いと叫ばれても、

歯医者に行って・・・

なんて事を言わなくて良いのです。

相手は、歯医者が休みで、苦るしんでいるかもしれませんし、

猛烈な歯医者嫌いかもしれません。

歯がいたいのね。。

それだけで十分です。


ドラマを見られて、私もアドラー女子になりたい!!

っと思った方は、こちらのサイトに訪問してください。

アドラー女子になる為に・・・

ドラマを見られて、私もアドラー女子になりたい!!

っと思った方は、こちらのサイトに訪問してください。

アドラー女子になる為に・・・

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック