嫌われる勇気 権力争いから復讐へ  「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は、「権力争いから復讐へ」についてです。

相手が仕掛けてくる争いは、「権力争い」だといいます。

そして、哲人は、もし先生がいきなり罵倒されたら腹がたつでしょう?と青年に聞かれます。

しかし、哲人は「いいえ」と答えます。

 

では、そうするか?

相手に対して、「その人の隠し持つ目的」を考えます。

すると、「勝つ事によって自らの力を照明したい」という目的を考えられます。

 

では、この争いによって、こちらがその戦いを制したとすると、

相手は、次の段階を模索します。

その段階とは「復讐」です。

 

この復讐は、子供が親に犯行する模様とか、

人に迷惑をかけて、自分の存在価値をアピールする

など、長年積み重ねが反撃に変わります。

この、相手の裏側の感情を読み取る事で、相手状況わかってきます。

わかったら、トラブルのないように対応します。

全てにおいて、自己受容が出来ると、大きな問題が起らなくなります。


2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」が開催されます。

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック