未来人

 

物質的な世の中が飽和状態になった今、

人の価値観が変わって行きます。

人は、「食べる」事が最重要な「欲求」です。

そして、これは「苦」でもあります。

しかし、現代の日本では「食えない」

という状態は、ほぼありません。

戦後の時代はまず、食える事を前提としたはずです。

この「生理的欲求」が第1の欲求だからです。

そして、「安全欲求」から、「愛と所属の欲求」を満たし、

有る意味、物質的なもが「承認欲求」となり、

その物質的な欲求の飽和状態が、現代とも言えます。

この次の欲求は、「自己実現」です。

 

現在の世代は「さとり世代」と呼ばれております。

さとりとは、まさに「自己実現」を満たした状態です。

「さとり世代」は

なぜ、不登校が増えたのか?

なぜ、社会に溶け込みにくいのか?

この世代は、この世の次の変化を引率する重要な役割を担うと思います。

ネット環境が整った現代、学校の勉強をする以上に、検索すれば情報が取得できます。

コミュニケーションと言うけれど、

ネットをつなげば、家に居ながら、ゲームでつながる時代。

それ以外でも、携帯一つで、いつでもつながってしまう。

そんな世の中です。

もしも、脳とコンピュータがつながってしまったら、

勉強する意味も、

移動してどこかに行く意味も、

外でたくましく遊ぶ意味も、

無くなってしまいます。

インターネットにあらゆるデータがあるのなら、

そこの中にバーチャル世界があるのと同じです。

「食う」という事をしなくて良いのなら、

インターネットに繋がった頭の状態で、

十分楽しい生活が出来てしまいます。

100年前は、歩いて京都に行った時代です。

1世紀で、京都までは、2時間半ですよ。

この100年でこの進化

では、あと20年後どうなるか?

今のさとり世代が、社会を動かす45才くらいです。

インターネットとつながっていてもおかしくないでしょう。

なら、学校に行く意味がないですよね。

さとり世代はそのような価値観を持っています。

我々がその先の時代を創造し、勉強しなければ。。

 

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話