ドラマ「嫌われる勇気」アドラー心理学会が抗議

 

フジテレビドラマ「嫌われる勇気」が、アドラー心理学会から、抗議文を入ていたようです。

確かにあの蘭子の行動や言動は、「共同体感覚」とかけ離れた演出でした。

最初に私もこの行動が「自己受容」によって「共同体感覚」を得た

本当のアドラー女子になっていくでしょう。

と述べましたが、放送継続と言う事は、そのようになるのでしょう。

確かに「ナチュラルボーンアドラー」という

生まれつきの、自由奔放な「姫気質」な人は存在します。

そのような自由奔放な存在は、エネルギッシュで、

人に色々な事を与えて行く存在に見えます。

幼少期はそのような自由奔放を突き通していけるのですが、

小学校も高学年にもなると、必ずその自由奔放さが継続できない問題が起ります。

同年代も意志が付いてきて、反発やイジメを招くからです。

すると、そこから他者の顔色を見て、自分を押し殺し、相手に合わせる行動をします。

その起った出来事が恐怖で、二度と繰り返したくないという思いになるのです。

蘭子は、そのような状態から思考で学んだ、アドラー心理学を実践をしています。

しかし、その状態はまだ自分を受け入れていないので、傲慢になります。

どこかに、恨みや、満たされない想いがある状態なのです。

これを解決し、「自己受容」が出来た時、「共同体感覚」が芽生え。

他者の幸福も視野に入ってきます。

今夜を含めてあと5~6話あるようですが、その辺を期待したいと思います。

アドラー心理学会の講義分はこちら

 

写真 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6231012

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話