劇場型コンサルティング2 「ストレスマネジメント」

ストレスマネジメント

「劇場型コンサルティング」がわかりやすいと好評ですので、もう少しご紹介させていただきます。

他の「コンサルティング」との違いや、効果をお伝えするのに、なかなか「ココロ」の部分が入ってきますと、説明が難しいものです。物事は、主役が変われば、ストーリーが変わりますし、他に新犯人が出てくると、結末が変わります。「対人関係」の問題とは、身近な相手の問題を訴えますが、そこが解決すると、さらに大きい組織的な問題が待ち構えていたりします。根本は組織的な問題の「ストレス」なのですが、身近な人に当たるところがあると、そこに向けて自分の感情をぶつけて解消しようとしていますが、その人のが悪いと言って、そこの問題を解決しても「根本解決」に至らないことにもなります。

このような問題は、部署の人の話を「傾聴」をしていると、良くわかります。外部にいる人の方が、問題が良く見えるようにになるのです。

外部の人であれば、問題となる人に対しても、冷静で話す事ができますし、対処が出来るのです。ただ、やり方は「カウンセリング」ですので、決して指導や、支配ではありません。聴く事で、互いの信頼関係を作ってしまいます。相手の話をしっかり聴けば、こちらの話も聴いてくれるのです。相手に対して「比較」「評価」「判断」を加えてしまいますと、一瞬で、敵視されてしまうのです。そこは、カウンセラーですので、コンサルティングというより、「カウンサルティング」でしょうか・・・


100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66


「劇場型コンサルティング」お問い合わせ

ストレスマネジメント
登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話