【005】失われる子供の自己肯定感ー折本式心理療法「マインドフルネスを使ったココロのトレーニング」

こんにちは、折本光司です。いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

折本心理学による「マインドフルネス」を使ったメンタルトレーニング「折本式心理療法」をご紹介しております。

母親が余裕がないという状態は、ママ友との摩擦や、旦那さんとの価値観の違い、あとは姑問題など、母親の自己肯定感が低い事で、色々な問題が起ります。

このようなストレスが、自分の子供に投影され、子供を叱る事につながったり、イライラなどの感情を子供にぶつけたりしてしまいます。

子供の欲求は、親に甘えたい、認められたいという思いです。これを「承認欲求」といいますが、

母親がこのような状態では、子供の思いは叶わず、結果的に怒られないように、イイ子に振る舞う事で、愛情をもらおうとしてしまいます。

しかし、親も子供がイイ子にしている事が当り前に思いますので、結局子供は甘えられずに、ダメな事を突っ込まれる日々の

繰り返しになりますので、自己肯定感を失ってしまいます。

日々の対処としては、子供のダメな所は、子供ながらに当り前ですので、出来た事、頑張っている所を毎回褒めてあげてください。

 


詳しくはこちら

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック