【004】イジメや無視ー折本式心理療法「マインドフルネスを使ったココロのトレーニング」

こんにちは、折本光司です。いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

折本心理学による「マインドフルネス」を使ったメンタルトレーニング「折本式心理療法」をご紹介しております。

自己肯定感が低いと、コミュニケーションが難しくなる事は、ドラマなどを通じてだいぶ世に知れてきました。この「自己肯定感がなぜ上がらないのか」、については講座でお伝えしておりますように、様々な成り立ちに影響はあります。

生まれ持って、他者に惑わされなず、前向きでしっかりしていれば、あまり問題になりません。

しかし、子供は大人に依存しないと生きていけませんし、その大人の自己肯定感が高くないと、子供を受け入れる事ができませんから、子供のダメな所を指摘してしまいがちです。ただでさえ半人前な子供は早く大人として成長して認められたいと思っても、親からのダメ出しばかりだと、諦めてしまったり、我慢を強く持ってしまったりして、中々自己肯定感が高まりません。

自己肯定感の高いお母さんなら、周囲の目も気にする事なく、自分の子供を「あなたはそれでいいのよ」と肯定的に認めて行く事が可能です。

子育てに迷うなら、「うちの子は?」 と周囲と比べるのではなく、うちの子の長所や性質を認めてあげる事が重要です。
性質とは、「細かい性格ね」とか、「ぽっちゃりな体格」とか「慎重な性格」や「おしゃべりな性格」など、個性となるようにダメな事があっても、良い方向から認めてあげてください。

 


詳しくはこちら

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック