マインドフルネス問題解決プログラム

マインドフルネス

 

本日は「自己受容実践トレーニング」の第4回

「ストレスはあなたの中に存在する」の2回目です。

多くの人が悩むであろう最終的な人の悩みとは

「孤独」

この孤独感が出ると、中々改善が難しいものです。

特に、「裏切られた」と思う出来事。

これは、地の底に追いやられたような葛藤を生みます。

 

汚い字ですみません。

どんな時に「孤独」を感じるか??

という問。

「~~でなくてはいけない」と思う時が多いようです。

これらの取り組みを「マインドフルネス」を利用して向き合ってもらいました。

約10分間、問題に取り組み「客観的」な立場から考えてみます。

最初に「地元について」という課題で。

すると・・・

地元は、やはりそこにいるのが嫌で、東京t出てきた。

周囲は人のうわさを蜜の味にして、お茶を飲んでいる。

そんな所に帰りたくない・・・

でました。答え。

そこにいたく無くて、そこに居場所がなくて、東京に出てきたのでした。

東京に出てきたのに、新し土地で心機一転頑張ろうと思って・・・

ところが、東京で結婚して子供を育てて、

新しい生活をして、幸運を手に入れるはずが、また居場所がない・・・

うーん。

でも地元に戻る必要がない事はわかりました。

しかも殆どの人が、実家に別れを告げて来ています。

離婚できない女性の多くは、「帰る所がない」と言います。

固い「覚悟」の上での望む、新しい生活が見えてきます。

しかし、それが負い目に・・・

「覚悟」がちゃんとやろうになってしまい、

結果家族が・・・・

では、次に「なぜ孤独になるのか」

「マインドフルネス」で考えます。

10分後

今度は皆晴れ晴れとした顔で。

「話す所がない」と言います。

居場所がないと思っていたが、

ここに居ると、いる人が皆、同じような考えで、こころが休まると言います。

「話せないから溜まり」

「話せないから不安に陥る」

なにか、問題が解決したような思いに、皆がなっておりました。

 

良し!とばかりに

最後にじゃー「頑張った自分を褒めよう」

という課題で「マインドフルネス」へ

10分後

・・・・・・

明るくなっていた皆の顔が、また暗く・・・

頑張った自分を考えてしまって苦しくなったと・・・

しかも、「自分を褒める」という事がわからないと言います。

うーん・・・

わからないかぁ・・・

やった事ないし、ひたすら頑張ってきたから、どう褒めていいかわからないそうです。

失敗

 

最後スッキリして帰ってもらおうと思ったのですが、

また嫌な事を思いださせてしまいました。

でも、「マインドフルネス」の効果で、多少スッキリした様子で、

今日は終了となりました。

・・・

 

「マインドフルネス」を利用した、問題解決プログラムは短時間で前向きな思考が得られる、とても効果のあるプログラムです。

 

 

マインドフルネス
登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話