「罪悪感」って必要ですか?

ストレスマネジメント

当然、「自己受容」の観点からですので、それがある人が悪い訳ではありません。

罪悪感とは、自分を責める訳ですから、負担が自分に来ます。人間誰しも完璧ではありませんから、失敗はあります。もし失敗があったとしても、「ごめんなさい」と一回反省したら、すぐ前を向いて良いと思うのです。それを、懺悔のごとくダメな自分を自分で責める事は、なにも良い事がありません。 失敗があった先方からみても、罪悪感を抱いている状態は、なんの理解も、意味もありません。自分が自分を責めているので、多分周囲の人にも、なんの影響もないと思います。すると、誰がわかってくれるでもなく、助けてくれるでもなく、自分が自分を責めているので、それは向かう先がなくなります。その結果「消えたい」とか「死にたい」とかいう事になるのです。でもそれって意味が無くないですか? ちょっと考え方を変えるだけで、明るい未来が見えてくるのです。そんな時は「マインドフルネス」を活用してください。

古来日本の武士道では、失敗は切腹に繋がります。それは罪悪感になりますよね、命がなくなるわけですから、無念です。この感情が先祖代々風習になっている家系の方が多いようです。


100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66

ストレスマネジメント

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック