企業の効率化 事例NO6 「Mind Accept」ストレスマネジメント

ストレスマネジメント

100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66


ストレスマネジメント「Mind Accept」を企業に取り入れた場合の、社内変化の事例をいくつかご紹介して行きます。こちらの内容は、ちょっとの事で改善出来る事例を「あるある形式」で、ご紹介いたします。

NO6 企業のストレスあるある 「女子のグループ」

男性にはわからないと思うけど、と良く相談されます。女子の「嫉妬」「悪口」「仲間外れ」どこのグループに属しているか、誰と仲が良いかなど、気にしてしまう事で、自分の立ち位置をいつも気にして「ストレス」になっているようです。このような場合のストレスは次のような種類があります。

  1. グループに所属しないで皆と仲良くしようとすると、八方美人と言われる
  2. グループに所属しないと一匹狼と言われる
  3. 人の悪口を聞くのがイヤなので、グループに所属したくないが難しい
  4. いきなり裏切者と言われた
  5. 自分の悪口も言われていると思うと辛い
  6. グループの中心的存在と過ごすのが苦しい
  7. 気を使い過ぎて疲れる
  8. 気分屋のメンバーが面倒

そもそも仕事以外の事で、「ストレス」を感じる事になります。悪質になると、連絡事項を回してもらえなかったり、上司を使っていやがらせをしてくるそうです。

この場合、いじめにあう人とあわない人がいるか、いないか確認してください。1人でもいじめにあう人がいないなら解決する方法があります。もう組織が腐りきっている場合は、退職するなりその場から離れるしかありません。自分の周囲には自分に必要な人を置く事が重要です。いじめにあってない人がいるのなら、多分その人は理路整然と、自分の意志を示しているのではないかと思います。周囲を気にしている人の方が、被害にあう可能性があります。

ココロの仕組みである「シャドー(影)」の仕組みを学ぶと、「根本解決」します。


100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66

ストレスマネジメント
登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話