一生一笑「七転び八起き」ひょっとこから得たダルマの精神

【イベント終了】遠方からお越しいただきましてありがとうございました。当日の写真等はこちら

デコ屋敷は、郡山市西田町高柴(旧三春藩領)にある三春駒や三春張子人形の発祥地であり、江戸時代から約300年間続いている集落です。 恵比須屋 橋本広司民芸の橋本広司さんは、本家から3代目に分家した恵比寿屋の17代目にあたる「ひょっとこ踊り」の名手です。ダルマを作り続け先祖から受け継いだ、ひょっとこ踊りの中にマインドフルネスに通じる、深いダルマの精神が宿っています。

ナビ 住所はこちら 郡山市西田町高柴字福内41

◇イベント紹介動画


◇前回の「Soul Expression in 龍の腹」動画


イベント当日の「舞」の部に「momo」さんが登場いたします!
女優さんでもある「momo」さんが、Soulfulな「舞」を披露していただけます!楽しみですね!


お申込み/お問い合わせ


観光

鹿島大神宮

https://kashimadaijingu.jp/

鎮座地

福島県郡山市西田町丹伊田字宮作239番地

御祭神

武甕槌大神(健御雷之男大神) ―たけみかづちのおおかみ―

御鎮座

天應元年9月15日(781年) 茨城県鹿島神宮より勧請する。

由緒

古来日本には、磐座、磐境の信仰があり、当地のペグマタイト巨岩も御神体として崇められていた。
一の鳥居向かいの児童公園に往時の祭祀遺跡が見つかっている。

天応元年9月15日、安積郡大伴安積連丸古部古佐美によってこの地に常陸国鹿島神宮が勧請され、この巨岩が神社の御神体として信仰された。
清和天皇貞観8年紀に『常陸国鹿島郡神宮司言大神之苗裔神38社陸奥国』の一社に数えられた。

来歴

当地は上代安積郡丸古郷に属し、丸古部の族人が占居して新田を起こし、丹伊田の地名が起こる。

田村氏の居城が三春に移ると共に、重臣田村頼顯の三男顕成が新田館(現在の黒鹿毛山)を築き、本朝武神の当社を崇敬。

正保2年 三春城主秋田俊季公が大祭を斎行し、以来秋田公累代の祈願社として崇敬。
天和元年 社殿火災 秋田盛季公が再建のため金一封、剣、鏡を奉納。
天和3年 社殿落成 秋田公紋章奉納。
寛保3年 秋田頼季公祈願、田五百歩、畑六百歩を寄進。
天明5年 秋田千季公心願状、天明の飢饉の祈願。
寛政5年 秋田季禮公が鹿島大明神の額面を奉納。


子和清水

http://urx.red/MdHx

「郡山市水とふれあう名所十選」に選ばれております。

子和清水菅谷不動尊 建立記
古老の言い伝えによると江戸時代以前より銘泉として名高く長い年月にわたりコンコンと湧き出て止まず水質も非常に良い。古来眼病を治するに薬効ありと伝承されこの霊水で眼を洗い 奥の不動明王に平愉を祈願し大願成就の際は不動様に剣を奉納したものである。高橋家の先祖が萱谷不動明王を勧請して楓の根に安置された爾来ここは子和清水が通称である。今般 近在の有志が集い環境整備を施して新たに不動明王を建立し心ある祈願者の常楽我浄に供するものである。平成元年七月二日 有志

場所:福島県郡山市西田町丹伊田地内


自己受容実践サイト |特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 当サイトについて