嫌われる勇気 知られざる第三の巨頭 「自己受容」

 

さて、今日から「嫌われる勇気」の1項目ずつ書評して行きたいと思います。

まず、第1章の1、知られざる第三の巨頭とありまして、

アルフレッド・アドラーが紹介されています。

アドラーは、心理学のフロイト、ユングと並ぶ三大巨匠として、

認知されているとあります。

そして、そのアドラーの専門分野は、「個人心理学」

しかし、アドラーは、自分の存在すら忘れてしまう事になるかもしれない

と、言っております。

なぜか? それは、アドラーの思想が、人間の共通感覚になるかも

しれないという事なのです。

時代が追いつく事で、共通認識となると言っております。

アドラーの言っている境地は、

私が思う限り「自己受容」の出来た境地です。

まさに、悟りに行き付いた考え方なのです。

 

しかし、いくらそれを学んでも、

悟りは、それを体感しないと、認識できません。

それくらい難しい境地を、この心理学として、哲学的に完成されていると思います。

 

この項目にも書かれておりますが、その境地は100年早いとなっております。

現代でも追いついていない、そんな深い境地の心理学なのです。

アドラー心理学とは、ギリシャ神話と同一線上にある思想であり、哲学と結んでいます。

この後に出てきますが、「共同体感覚」という状態こそが、

禅でいう「無」境地であります。


アドラー学ぶなら、「自己受容」

来年1月から開講、只今早期値引き中!!

「自己受容」実践トレーニング【6ヶ月コース】

「自己受容」実践6ヶ月コース

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話