自己嫌悪

 

昨日私は、「自分を責める」事は悲しい事です

と言っていましたが、

昨日なんと、私が「自己嫌悪」に陥る事が起りました。。

その出来事とは・・・

「寝坊」

この日は、協会のカウンセラーの皆さん達、数名と

広尾の香林院の朝の「坐禅会」に参加する予定でした。

「広尾駅2番出口に6時45分に集合、遅れたら置いて行きますから、各自行ってください。」

とか、案内してまして、

なんと、

自分が寝坊するなんて・・・

前代未聞です。

すごく「自己嫌悪」になりました。

取り返せない過去。

きっと過去に悩んでいる人は、

いつもこんな風になっているんだな。と

こんな時は、誰かに聞いてもらいたいものです。

取り返せない過去は、わかっているのですが、

このどこにも持って行けない気持ちが

誰かに話す事で和らぐのです。

無事皆さんは、坐禅会に参加出来たようですので、

良かったですが、

約束した皆さま、本当に大変申し訳ございませんでした。。

と、まぁこの後が私の良い所でもあり、悪い所でもあるのですが、

2~3時間も経つと、その「自己嫌悪」は消えて行きます。

なにも無かったように、平静を保ちます。

この切り替えが、有る意味前向きで、いられるコツかもしれません。

過去に同じような深い想いがあると、すぐに回復できません。

ここが「自己受容」の出来ている状態と、こころの奥に感情が残っている場合の違いです。

逆に、私はそんなに、神経質に頑張っている訳でもありません。

いつも、「失敗する事」や「間違える」という概念がありませんので、

そのような不安を抱かないのです。

ですから、失敗や間違い、時間に遅れるなんていう事は殆ど皆無に近いのです。

しかしこの状態を保つには、余裕が必要です。

昨日は、何が原因だったのだろう??

朝の6時とか、私にとっては真夜中なんですよね。

夜早く寝て、朝早く起きる、こんな生活にしないといけないのだろう・・・

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話