報告9<禅・こころの合宿>

 

オリジナルワークの後は、

お昼ご飯となりました。

無理を言って、ペンションオーナーに、お昼ご飯の提供をお願いした所、

なんと、カレーを作って下さいました!!

dsc_1175

 

カレーって自然に笑顔が溢れますよね・・・

dsc_1159

最後の坐禅は、再度「参禅」です。

順に、別室に歩み、和尚さんと向き合います。

おさらいをしますと、

一人の僧が趙州和尚に問うた。
「狗子に還って仏性有りや無しや」(犬にも仏性があるでしょうか?)
趙州和尚は答えた。
「無」

趙州和尚は「無」と答えた、

この「無」とは、どういう意味かという問いです。

皆様答えは出ましたか??

色々理屈を述べていそうです。

理屈を語りだすと門前払いになります。

この理屈を取るという所が、坐禅の大切な所になるのです。

最終2回の坐禅を終え

16時、この合宿が終了となりました。

振り返ってみれば、坐禅未体験の方が殆どの中、

2日間で25分間の坐禅を9回こなしました。

大人になってから、黙って座っているという時間がどれだけあったでしょう?

「自分と向き合う時間」これが坐禅です。

今回長年修行をされた金嶽和尚に、

この合宿の師をしていただいた事は、大変感謝いたします。

金嶽和尚から出る話に、否定の言葉は一切ありません。

まず、受け入れから入っていただき、

優しさが溢れておりました。

第2回の「合宿」もすでに計画しております。

次回は桜の咲く時期に、開催したいと思います。

帰り道、日は落ちておりましたが、

山中湖を鏡とする、「逆さ富士」が見れると言われていたポイントに行ってみると、

dsc046100143

見事な「逆さ富士」が見れました。

この2日間、晴天に恵まれ、

富士山に恵まれ、

本当に良い「合宿」でした。

dsc_1222

帰り道「ほうとう」をいただき、

東京に戻りました。

しかし、

まさかの渋滞

紅葉シーズンのピークだったのでしょうね。

下道を使い、約3時間で到着。

お疲れ様でした。

明日は、金嶽和尚のご紹介をして、全10回のレポートを終わりにいたします。


忘年会&こころのセミナー

忘年会&こころのセミナー

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話