報告5<禅・こころの合宿>

 

警策(けいさく)と呼びます。

坐禅の際、修行者の精進を励ますの意味があるそうです。

作法がありまして、和尚さんが前を通った時に、

合唱して合図します。

そして、和尚さんと一緒に合唱して

左2回、右2回たたかれます。

実際は、夏4回冬8回と仰ってました。

dsc044120006

私坐っていたので、全容が見えてませんでしたが、

担ぐ感じで持っているんですね。

なんだか、強く叩かれそうで怖いです。

私は経験があったので、わりとスッキリして気持ちが良い事は知っておりましたが、

初めての人は、結構怖くて避けていたようです。

 

坐禅の最初に全員叩かれるパターンにしていただいて、

皆経験いたしました。

 

 

 

坐禅が2回終わったあと、外に出てストレッチを行いました。

メイミさんのご指導で、体を解しました。

 

dsc044200014

ちょっと、肌寒い感じでしたが、

リフレッシュいたしました。

 

 

 

次の坐禅から、「参禅」を行います。

1人ずつ2階の参禅ルームに行き、

公案の答えを話します。

dsc045660099

このように、和尚さんと密室で、語ります。

今回は公案の答えを話す他、自分の悩み事などを、話せる場としました。

人数の関係で1人5分

結構あっという間の時間でした。

 

この参禅は、公案を説いていくのですが、

答えは理屈ではありません。

 

通常ですと、理屈を語った瞬間かねを鳴らされて即退出になります。

理屈ではない答えで「無」の意味を説くのです。

わかりますか?

 

ここに、囚われを解くカギや、概念を外すヒントがあるのです。

ただ坐っているだけでは、意味がありません。

「自己受容」を進める上で、

この参禅で、公案を説く作業が重要となるのです。

 

そのような作業に25分間、自分のこころと向き合う事が

この合宿の最大の利点となります。

 

忘年会&こころのセミナー

忘年会&こころのセミナー

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話

コメントを残す