Teal組織「ティール組織と自己受容」【多元型パラダイム】ーグリーンパラダイム

ティール組織と自己受容

こんにちは、折本光司です。
ティール組織について書評して行きたいと思います。


フレデリック・ラルー (著),‎ 嘉村賢州 (その他),‎ 鈴木立哉 (翻訳)
英治出版
http://amzn.to/2oQ8CvN


第1章「変化するパラダイム」から
多元型パラダイム

人の意識進化における「グリーン」の位置は私には良くわからない、日本では文化になっていないのか?これからなのか?
サーバントリーダーシップというリーダーシップ論があります。リーダーはサーバント(奉仕者)であるべきという考え方です。奉仕者というとちょっとお手伝いさんのようなイメージですが、リーダーとして部下に旗を振って先頭になって導くというより、部下1人ひとりを支えていくという考え方です。

日本の社会では、社員が様々な形態があります。正社員から期間社員、派遣社員や契約社員、でれがどのポジションで、どこの管轄かわからない人をリーダーとして組織をまとめていかないといけない訳です。これは中々大変です。私は派遣社員なので、あたなの言う事は聞けません、なんて言われたら、もうやりにくくてどうしようもないです。逆もあるでしょう、派遣だから、どこまでやった良いかわからないとか、言いたい事が言えないとか・・・

グリーンな組織はそんな中、リーダーが下から支えるようなかたちが求められます。この組織の時代もまだまだこれからだと思います。


【ティール組織の作り方】ティール組織コンサルティング

ティール組織と自己受容

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話


詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック