Teal組織「ティール組織と自己受容」マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織

Teal組織という本が、ベストセラーと言う事で、この図を見ると!
なんと、折本光司MS理論と同じではないか!という発見です。


こちらの本、フレデリック・ラルー (著),‎ 嘉村賢州 (その他),‎ 鈴木立哉 (翻訳)

次の組織モデルは、これだ。

上下関係も、売上目標も、予算もない! ?
従来のアプローチの限界を突破し、
圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。
膨大な事例研究から導かれた新たな経営手法の秘密とは。
http://amzn.to/2oQ8CvN


という本です。

このモデルは、ホラクラシーとか、サーバントリーダーシップと同じ方向を向いており、
このブログでも、その為に必要な「自己受容」の大切さをお伝えしてきました。

図ができても、組織が出来ても、形が出来ても、この考え方を実践するのは、難しいでしょう。
なぜなら、個人の意識の成長が必要だからです。

そのような意味では「自己受容」を学ぶ事は、最先端の意識改革になるのです。

この「Teal組織」の内容を今後読み解いて記事にして行きます。

 

 

ティール組織

Mindful Counsulting

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話


詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック