色眼鏡

 

著「自己受容」の中でも、

「色眼鏡」=「自己概念」として扱っております。

その色眼鏡は、自分の知識や概念でしか、捉える事ができません。

通常は、自分の考えられる範囲、イメージ出来る範囲でしか、

見た物を聞いたものを、捉えられないのです。

 

ただし、幼少期から親がいつも正反対の事を言って来たり、

理屈っぽいおやじなどが、勝負を挑んでくるからに、

あーでもない、こーでもないと、絡んでくると、

自分の思った方向と、逆の方向も捉えてしまう事になります。

すると、いつも正解を求めゴチャゴチャしてしまいます。

 

そこに、「怖い」という感情が入ると、

言葉に詰まってしまったり、喉になにか痞えるような思になったりしてしまいますので、

怖い上司が目の前に出てきた場合、このような症状になる方は、

過去の出来事を思い出してみてください。

 

そんな色眼鏡ですが、もう一つ大切な見え方があります。

 

見た物を「ポジティブ」に判断するか、「ネガティブ」に判断するかです。

これは、自己肯定感に関わってくる場合が多いのですが、

物事を、否定的にみるのか、肯定的にみるのかという、見え方ひとつが違ってきます。

例えば、景色の良い高台に来て、

①最初に景色を綺麗と判断するのか、

②下を覗いて怖がるのか?

美味しそうな食べ物が出てきて、

①季節感を感じ取って味わうのか

②たまたま盛り付けに間違ってはみ出た食材を気にするのか

このような違いが生まれます。

 

同じ物を見ているのに、まったく違う捉え方をしてしまうと言う事を

認識しておかないと、その価値観の違いが、

後で、とんでもない誤解や失敗につながる事にもなります。

 

この「自己肯定感」に関わる、物事の見え方の違いに気付いたのは、

多くの人をカウンセリングして得た結果です。

全てがそうなる訳ではありませんが、

そのような傾向にあります。

 

著「自己受容」も、両面の人が捉えられるように書いているので、

ちょっと複雑に思うかもしれません。

まずは、自己の「肯定感」を認識してみてください。

まだ、完成ではありませんが、マインドモンスターという、

自己肯定感が、キャラクターによって演出されるサイトを作っております。

是非お試しください。(無料)

マイモンチェック

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話