自己受容ブーム

 

ひそかに起きているという噂を聞いた「自己受容」ブームですが・・・

ブームを作るべきして行った今回の出版。なので思い切ったタイトル「自己受容」

 

カウンセラーの赤荻さんの旦那さまが、「自己受容」ってなんだ?

と、まったくなにも話してないのに、ご自宅で聞かれたそうです。

電車に乗ると、「嫌われる勇気」の中吊り広告。

カウンセラーのRuiBonさんに、写真撮ってきてもらいました・・・

こんな所で出してもらった勇気。。。(写真)

 

59278

 

ここに大きく「自己受容」の文字。。

 

59277_2

 

私は、「思考で作る自己肯定」(プラス思考)でなく、「自己受容」と言っています。

自己肯定感は、絶対高い方が良いのです。

しかし、自己肯定感をプラス思考で作ると、

「自分はこういう地位があるから大丈夫」とか

「自分は知識があるから大丈夫」

という感じに、頭でっかちになってしまい、

こころの奥底では、嫌いな自分がいたり、

弱い自分を隠していたりしますと、

そこに突っ込まれた時に、ドカーンと落っこちてしまいます。

 

ですから、本当にこころの奥底から、自分の事を認めていないといけません。

ダメな事も含めて自分を認めて行く事です。

 

しかし、これはいくら理屈を学んでも、哲学を学んでも、解消する問題ではありません。

しっかり、自分に向き合い、自己を認めていく作業が大切です。

「自己受容」が出来ていない人が、それを教える事は不可能です。

わかっているだけでは、ダメなのです。

 

辛い体験をされた方は、それを乗り越え、受けれる事が困難ですが大切です。必ず出来る事です。

それが出来たとき、共感という相手の深い所と、つながる事ができるのです。

 

こちらの自己受容実践トレーニングで、本当の自分を認めていきましょう!!

自己受容/実践トレーニング

 

2018年に「自己受容」ブーム到来

という私のイメージです。

「傾聴」という言葉も、「アドラー心理学」も、「マインドフルネス」も、

最初は未知の所から派生したものと思います。

ブームは乗るものではなくて作る物なのです。

2018年の流行語大賞を目指して・・・

「自己受容」

 

 

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話