思考のブロック 過干渉の問題

メンタル

あまりに口うるさい親に関わっていた場合、「思考を停止」してしまう事があります。

「思考停止」状態になりますと、こちら側の話が相手に「伝わっている気がしない」、というように思う事があるかもしれません。ただし本人はその「思考停止状態」に気付きませんので、結果的に「意味が伝わらない」とか「勝手に判断する」とか「わかった振りをする」というような事が起ります。仕事で怒られる事が多い人や、いつも緊張している人などは、注意が必要です。

カウンセリング中に、このような状態になりますと、話が先に進みません。

質問を繰り返しているうちに、「責められてる」と認識して、思考をブロックしてしまうのです。お仕事の場でも、このような人がいましたら、一度休憩させるとか、私はあなたを責めてませんよ、というアピールなどをする事で、回復することがあります。自分で認識するのは難しいですが、もし認識出来たのなら、解決方法としましては、過去の出来事に向き合わないといけません。

親が過干渉の場合は、このような状態になる事が多くあります。親がいつも子供に何か言い聞かそうとしていたり、子供にダメ攻撃をしていたりすると、それが続く事で、思考停止状態に陥ります。この事実をなかなか受け入れられない人も多いと思いますが、そこに向き合う事も「自己受容」の作業になります。


企業向け「マインドフルコンサルティング」
ストレスマネジメントはこちら

メンタル
登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話


詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック