承認欲求とは 「ストレスマネジメント」

ストレスマネジメント

「承認欲求」とは、子供が親に求める存在価値になります。

この「承認欲求」が子供の時に満たされないと、社会に出てから、色々な問題を招きます。社会で認めてもらう為に、頑張り過ぎたり、主張し過ぎたりします。すると、コミュニケーションに問題が起り、結果的に「ストレス」が増えます。この「承認欲求」は、「自己肯定率」とも深い関係があります。「承認欲求」が満たされていると、「自己肯定率」も高くなります。「自己肯定率」が高い事で、コミュニケーション力も上がります。「自己肯定率」が低いと、対人関係の問題も発生しやすくなるのです。「承認欲求」が満たされないと、どのような対人関係の問題が起るかという部分をいくつか紹介していきます。

「承認欲求」が満たされていないという事は、どこか「自信」が無くなってしまう事があります。

「自信」とは、専門的技術などではなく、自分の自身の根本的な自信です。親がすべてではありません、例えば生まれてすぐ親が居ないという子供がいたとすると、それを受け入れれば、逆に責任感と自信が付いてくる場合もあります。ただ、しっかり親が居るにも関わらず、あまり面倒を見てくれないとか、虐待などが起っていた場合は、自分が認められなくなってしまいます。しかし、このような出来事は過去の事であり、自分の考え方を変えて、見方を変えていく事で、まったく違った自信を持った自分に変わる事が出来ます。これは他人任せではできません。本人がしっかり自分と向き合って解決していく事で、この「承認欲求」が満たされ、自信が湧いて来ます。この作業は、自己受容のトレーニングが効果的です。


100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66

ストレスマネジメント
登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話