企業の効率化 事例NO7 「Mind Accept」ストレスマネジメント

100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66


ストレスマネジメント「Mind Accept」を企業に取り入れた場合の、社内変化の事例をいくつかご紹介して行きます。こちらの内容は、ちょっとの事で改善出来る事例を「あるある形式」で、ご紹介いたします。

NO7 企業のストレスあるある 「支配欲求」

昨日のグループの中に、中心的な存在がいるものです。やたらと周囲に人が集まり、相手には敵がいます。中心的な存在は、自分では思っていませんが、周囲の人を支配します。支配とは、恐怖と利益の関係です。中心の人は、スゴク気を使い、物をあげたり、細かい気を使って相手をその気にさせます。逆に自分から離れようとしたら、とても怖くアタリます。ここに怖さが出てきます。この人を敵にまわしたらいけないと思います。

この恐怖と利益の関係で人を支配します。

親子関係や夫婦関係にもよくあります。会社の体質になっている場合もありますので、その場合はちょっと厄介です。このような「ココロの仕組み」が学べると、解消や解決が見えてきます。


100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話