企業の効率化 事例NO5 「Mind Accept」ストレスマネジメント

100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66


ストレスマネジメント「Mind Accept」を企業に取り入れた場合の、社内変化の事例をいくつかご紹介して行きます。こちらの内容は、ちょっとの事で改善出来る事例を「あるある形式」で、ご紹介いたします。

NO5 企業のストレスあるある 「肩凝り」

ストレスとは、精神的ストレスと、身体的ストレスや、環境的ストレスなどがあります。例えばいつも寒い所で仕事などをしているのは、環境のストレスとなります。今回は、身体的ストレスについてです。身体的で多くのストレスは、「肩凝り」です。一日中パソコンで操作をしていると、どうしても目が疲れ、肩が凝ります。職業病ともいえると思いますが、この「肩凝り」を一瞬でスッキリさせらたらスゴイと思いませんか?

Orimoto Method の「マインドフルネス」なら可能です。

Orimoto Method の「マインドフルネス」では、問題解決に取り組みます。それが肩凝りや腰の痛みであろうと、「根本解決」します。痛みとは、ある精神的な状態の時に発します、「マインドフルネス」で、そのココロの状態を変える事で、問題は一気に解決します。実は、大きな病気にも効果は絶大です。「マインドフルネス」では、精神を自然の状態に持って行きます。自然とは、成長の方向に物事や免疫力が働きます。ネガティブな感情は、退化の方向に物事や免疫力が働きます。それを進化の方向に持っていけば、カラダな一気に修復の方向に転換するのです。人間は結構単純です。

複雑にしているのは、あなたのココロかもしれません・・・


100%GIVというクラウドファンディングに応募しております。
「休み明けの仕事が楽しくなる「ストレスマネジメント」を広めたい」
https://100giv.com/project/detail/?id=66

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話