マインドフルネスと自己受容

マインドフルネスの使い方

 

次世代は統合の時代です。

先日の伊勢と出雲の式年遷宮

皇族の高円宮典子さまと、出雲の千家国麿さんの婚約・結婚

日本では個人心理学というアドラー心理学がブームで、

海外では、八百万の神を意識する「マインドフルネス」がブームです。

日本免疫カウンセリング協会は、この両面を統合した「免疫」という仕組みにフォーカスしております。

「こころ」と「体」をつなぐ免疫システムが次世代を支えます。

こころの問題も、意識と無意識、社会面と精神面

これらを両面から見て行く時代になるでしょう。

現実世界と、コンピューターの仮想世界、これもゆくゆくは統合されていくでしょう。

そんな統合の果てに見える世界は、(個人的な内容に絞る)

  1. 平和、協調、助け合いの世の中
  2. 個性を活かした生活
  3. 病気の自然治癒
  4. 生きる目的の明確化

仕事で収入を稼ぐ事が重要ではなく、

自分の個性が世の中に役に立つ生き方を選択していきます。

あと10年もすれば、「ゆとり世代」と言われた人々が中心になって

新しい社会を作ります。

あれ、マインドフルネスの話をしようと思ったのでした。

!!

この話からつながる事は、これらの「本質」にこれから向かって行きます。

人間本来の精神的課題を全うする時代です。

その答えは、「自然に任せる」

老子の言う「無為」の思想です。

自然には、自然の流れがあります。

この教室から毎年「明治神宮」を眺めていると、

木々の葉がこの時期新芽を出して、徐々に森が大きくなっていきます。

夏になり最大までに成長した木々にセミが鳴きます。

秋になり葉が色づき、徐々に葉が落ちて行きます。

冬になると葉が無くなり、茶色い森が姿を見せます。

この繰り返しを自然はなんの合図もなく繰り返します。

ここに自然があるのですが、

これらの自然が流れが「マインドフルネス」です。

一方「不安」を考えたり、「欲」に駆られたり、「想像」したする

個人の頭のなかの働きを「マインドトーク」と言います。

この「マインドトーク」は、雑念などですが、1日に6~7万回

つぶやいていると言います。

すごい数です。

この「マインドトーク」の働きが、精神を不安定にしたり、

前向きにしたりするのですが、

自分の中から出てくるものは、

当然ネガティブに働く事が多いと思います。

この「マインドトーク」を止めて、「マインドフルネス」に意識を向けるワークが、

今流行りの「マインドフルネス」です。

この「マインドフルネス」を利用して、私なりの問題解決プログラムを作りました。

その詳細は、今後ご紹介いたします。

「マインドフルネス」と免疫力の関係性や、ストレスとの関係性を示して行きます。

 

 

マインドフルネスの使い方
登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話