自分がわからない その2

 

自分を見失うのは、なぜでしょう?

自分がわからないその理由。

ズバリ! 相手に合わせてしまうから。

会社などの組織にいると、どうしても上司や部下の振る舞いに左右されます。

誰から見ても、良い人に見られようとすると、

必ず敵が出てきます。

その敵は大抵、こちらの話をまったく聞かない。

だから、何を言ってもやっても、こちらが苦しくなるばかりです。

かと言って・・・

相手に自分の思う事を言いたいと思っても、

なぜか、言えないという気持ちで一杯になり、

ましてや恐怖感さえ出てきます。

 

すると、相手に合わせる事が当り前となって、自分という存在が

わからなくなってしまいます。

 

 

「自分を大切に」

なんていう言葉を良く聞くと思います。

「自分を大切にする」事とは、「自分の感情」をしっかり認識する事です。

そうする事で、自分中心の振る舞いになっていきますので、

自分が養われます。

 

自分が無いのではありません。

自分がわからなくなっているのです。

 

ですから、そこを「自分の感情」を中心に判断してみてください。

 

但し、それが中々出来ないという方

こころの奥底に「闇」があるかもしれません。

その「闇」を取る事で、自分の感情を中心とした振る舞いができるようになります。

心当たりのある人は、「自己受容実践トレーニング」を受講してみてください!!

自己受容/実践トレーニング

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話

コメントを残す