誰がわかってくれる? 「自己受容実践トレーニング 第3章」

 

本日は、「自己受容実践トレーニング」 第3回の実践日でした。

テーマは「誰がわかってくれる?」

写真のようになりましたが、

わかって欲しいという欲求は、親と子の間ですれ違っている事が良くわかります。

例えば、親のわかって欲しいは

  • 家事を頑張っている自分
  • 子供の事を思っている自分
  • 心配を先回りして言っている事
  • 親の責任として言っている事

子供のわかって欲しいこと

  • 自分のアイデアが正しかった事
  • 今日手伝った家事
  • ゲーム仲間の中で自分が強い事

などなどで、互いにピントが違うという点が見えてきました。

そして、相手に言うことは「互いに言われたくない事」

子供は仕返しとばかりに、お母さんだって~・・・

と言ってきます。

同じ思いのお母さんが集いますから、話も弾んでスッキリします。

綾瀬さんのような娘の立場の意見が聴けると、また学びになります。

ピントが違うという意味では、わかって欲しいと思っている事は、

相手に取ってみれば、「あたりまえ」とか「普通」という点でもあります。

もう一つ言えるのは、

自分の行いが、それで正しいのか? という部分

ここがわからないから自信にならない。

誰かにそれでいいと言ってもらいたい、

ママ友に話すと、変な噂になる。

こんな思いが、自信が持てなくなる原因という事でした。

結果的には、自分でしっかり自分を認めていれば、

相手に求める事が無くなるのではないか、

そんな結論になりました。

頭ではわかっているのですが・・・

という所が今日の所です。

次回この辺りを認める作業に入ります。

 


自己受容実践トレーニングがeラーニングで学べるようになります。

4月下旬から開始

只今早期割引中 ↓

http://jikojyuyou.com/?post_lp=e-jissen

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話