老子と「自己受容」

 

あるがまま生きる、「無為自然」な在り方

「無為」という考え方が老子の特徴と言えます。

「無為」とは「なにも作為をしない」という意味です。

つまり「無為自然」とは

「なにもせず、あるがままでいる」という状態です。

だからと言って、全く何もしないのとは、ちょっと違います。

何事も自然に任せるという意味です。

人間は、感情や思考が発達しているため、

自己と他者の間においても、利害関係が生じます。

相手が右にでれば、こっちは左にでれますし、

相手が右なら、こっちも右に出る事も可能です。

具体的に言うと、

困っている人がいた時に、

  1. 進んで手助けをする
  2. 知らないふりをする
  3. 助けを求めて来たら答える

無為は何番でしょうか?

答えは3番かな。。

1の良かれと思ってやった事は、時にお節介になる事があります。

2の知らないふりは、知らなかったとは違います。

このような事は、意外と色々あるものです。

  • 人に良く見られたい
  • 気を遣う
  • 思考で作戦を練る
  • 人に説教する
  • 教えてあげる
  • 助けてあげる

「無為」とは「自然に任せる」という意味があります。

ありのまま自然体でいれば、余計な事にはなりません。

人間は、欲求や願望があるからこそ

ありのままではいられなくなるのです。

 

「自己受容」ではそのような欲求や願望を受け入れます。

そうすることで、「ありのまま」という状態が作れます。

そうです、これが「無為」です。

ありのまま、時に任せて「自然のまま過ごす」

仕事や子育てをしていると、そうは行きませんね。

ただ、基本「無為」を実践してみてください。

「無為自然」

「自己受容」はその方法です。


禅・こころの合宿  締切り近いです!

「禅」自分を客観視する世界観

4月1日2日 箱根「花月園」で開催!!

http://jikojyuyou.com/?post_lp=zen41

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話

コメントを残す