嫌われる勇気 「普通であることの勇気 」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「普通であることの勇気」という項目です。

「自己受容」の第1歩「普通であること」

「普通であること」と「無能であること」はちがいます。

普通であることはダメなことではないのです。

しかし、この普通であるという言葉がまた厄介です。

人の個性により、明らかに普通でない人はおります。

敏感で、他者の念をまともに受けてしまう人と、

まったく受けない人では、その振る舞いがおのずと変わってきます。

自分になくて、相手にあるもの、相手にあって、自分にないものは、

やっぱり普通であるとは思えくなります。

だからと言って、それがダメとは思わなくて良いですが、

やっぱり親としては、我が子には、皆と同じになってもらいたいと願います。

この「皆と一緒」が厄介になるのです。

日本の文化でもあるこの周りに合わせる風習ですが、

一見横のつながりに見えるのですが、

そこに競争や、妬み嫉妬みたいなものが生じますから、

平和的になりません。

ここに「共同体感覚」が芽生えれば、人類は平和に過ごせます。

この次の時代はこのような「共同体感覚」を実践していくのかもしれません。

それには、1つ条件がああります。

人類共通の敵が出てくるはずです・・・

宇宙人かな??


本日開催!!

2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話


詳しくはこちら
自己受容「マインドフルネス」
クリック