嫌われる勇気 「若者は大人よりも前を歩いている」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「若者は大人よりも前を歩いている」という項目です。

アドラー心理学の掲げる目標

行動面の目標

  1. 自立する事
  2. 社会と調和して暮らせる事

この行動を支える心理面の目標

  1. わたしには能力がある、という意識
  2. 人々はわたしの仲間である、という意識

①にある「自立すること」と「わたしには能力がある、という意識」は自己受容に関する話。

②にある「社会と調和して暮らせること」と「人々はわたしの仲間である、という意識」は、

「他者信頼」につながり、「他者貢献」につながっていく。

人生の目標は「共同体感覚」だという事です。

ただし、なかなか理解が難しいという事です。

「アドラー心理学」を本当に理解して、生き方まで変わるようになるには、

「それまで生きてた年数の半分」が必要になるといいます。

40才で学んだら、60才までかかるという事です。

 

そして、「若者は大人よりも前を歩いている」

この感覚は、「共同体感覚」が、わかった時に感じられる事かもしれません。

時代は常に進化します。

時代が進化するというより、新しい価値観の人が生まれてきます。

その価値観の人達が、次の時代を作っていくのです。

と言う事は、「若者は大人よりも前を歩いている」という事になります。

今はゲームばかりの子供も、

勉強がすべてインターネットでカバーできる時代が来るかもしれません。

仕事もゲームの要素を使った戦略が必要になるかもしれません。

そして、子供であっても、一人の人間として接する事が大切です。


2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話

コメントを残す