共同体感覚とは 【自己受容】 アドラー心理学

 

アドラーの語る「共同体感覚」を「自己受容」の観点から、

動画にまとめました。

まずこちらから

 

記憶には、過去のものが詰まっています。

過去に行くには、時間を遡りますが、

その結果が「今」を反映しております。

すると、時間の概念から言うと「共同体感覚」では、過去も含まれています。

過去の産物は、現在の「物質」となって残っております。

それら「記憶」が、そのまま「物質」としてある場所とは、

「地球上」です。

「宇宙全体」と言っても良いと思います。

なので、=自分となります。

これで、「共同体感覚」が得られます。

「共同体感覚」が得られたら、「他者との同化」が起ります。

自分と同じという事です。

ムカつく相手は=自分なのです。

だから、その相手と戦うのではなく、受け入れるのです。

もう一つ「共同体感覚」の考え方。

我々は、死んだら土に還ります。

と言う事は、土や環境の成分と同じもの(原子や分子)で出来ています。

たまたま、自分という意志があるから、他者との比較をしますが、

成分的にいえば、同じものです。

ここにも「共同体感覚」が見えてきます。

このような感覚が得られれば、

「自己への執着」から「他者への関心」に変化させられるようになります。

「自己受容」が出来れば、「共同体感覚」はわかるようになります。

ただし、その感覚にも

「他者領域」 友達・結婚

「環境領域」 社会・責任

「成熟領域」 自己実現

「統合領域」 仙人・仏

と段階がありますから、深い話です・・・


2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

 

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話