嫌われる勇気 「対人関係のカードは、「わたし」が握っている」 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「対人関係のカードは、「わたし」が握っている」、という項目です。

第3夜も最後になりました。

ここでは、哲人のトラウマが出てきます。

父との折り合いが悪く、母が亡くなってから更に悪化したとあります。

その関係が悪くなったきっかけは、殴られた事

「あの時殴られたから関係が悪くなった」という「原因論」を持ち出していた。

しかしそれは、「父との関係を修復しない方が良かった」という「目的論」が先にあったと言います。

出来の悪い自分は父のせいだと言い訳ができるからです。

 

「対人関係のカードは私が握っている」という事で、その「目的」を変えました。

そして、課題の分離をして、自分の目的を「関係の修復」とし、父を変える為ではなく、

自分自身の為に決心したそうです。

ここがポイントです、相手を悪者にしても、

相手に期待しても、結局自分の行動がなければ、

なにも変わりません。

対人関係のカードは自分が握っているのです。

一番大切な事が書いてあります。「まずは自分なのです。」

これは、まずは「自己受容」です。という意味です。

「自己受容」が出来て、考え方が変えられます。

すると「他者受容」が出来、なぜ相手がそのような態度だったかが、理解が出来ます。(受け入れ)

その後相手の態度も変わりますから。

対人関係に問題がなくなります。

「自己受容」はすべての問題の根本解決になります。


ドラマを見られて、私もアドラー女子になりたい!!

っと思った方は、こちらのサイトに訪問してください。

アドラー女子になる為に・・・

アドラー女子になる為に・・・

実際そのような人にあってみたいという方は、

2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

こころのしくみ体験セミナー

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話