嫌われる勇気 「ゴルディオスの結び目」を断て 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は「ゴルディオスの結び目」を断て、という項目です。

アレクサンドロス大王の話です。

結び目を短剣で断ち切って、アジアの王になったという事ですが、

常識を打ち破れ、という話なのでしょう。

アドラー心理学には、「常識へのアンチテーゼ」という側面があるという事ですが、

人間社会で生きる為の常識を、我々は学び実行して行きます。

その、常識は社会の常識であっても、自然界の常識かといえば、

そうではありません。

結婚する事、学校へ行く事、働く事、これらは当り前にやっていく事ですが、

実は人間の作ったルールです。

争いとは、お互いが主張した時に起ります。

互いが受け入れの状態では、争いは起きません。

青年は、「課題の分離」をする事は、相手の好意を踏みにじる行為と言っており、

ここで哲人は青年に、それは「見返りに縛られた」考え方と主張します。

ここに、「縛られた」という文字があります。

 

「自己受容」が出来ていないと、誰かに求める事になりますので、

その状態ですと、自分と他人を切り分ける事が、難しくなってしまいます。

すると、気を使ったり、求めたりという事が起りますので、

「見返りに縛られた」という言い方になります。

本日「自己受容実践トレーニング」6ヶ月コースの1回目でした。

議題は、自己概念である「色眼鏡」についてでした。

授業が始まる前に、受講者のお話を2時間聴きました。

受講者に溜まっている感情や、問題があり、

それがあった状態では、講義があっても身に入って行かないからです。

2時間、主に親子の問題を、カウンセラーを含めて話ましたが、

中々、親の課題と、子供の課題と切り離すのは、

難しい事でした。

「自己受容実践トレーニング」6ヶ月コースでは、このような問題も必ず解決します。

カウンセラーは、問題を解決に導けなければ、カウンセラーではありません。

「自己受容」の出来たカウンセラーが、他者を導きます。

実践が力となり、勇気を渡す事ができるようになるのです。

 


ドラマを見られて、私もアドラー女子になりたい!!

っと思った方は、こちらのサイトに訪問してください。

アドラー女子になる為に・・・

アドラー女子になる為に・・・

実際そのような人にあってみたいという方は、

2月12日の中野サンプラザ「こころの仕組み体験セミナー」

以下より内容をご確認ください。色々な「こころの仕組み体験」が体験できるセミナーです。

こころの仕組み体験セミナー

こころのしくみ体験セミナー

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話

コメントを残す