嫌われる勇気 赤い糸と頑強な鎖 「自己受容」

 

アドラー心理学である「嫌われる勇気」を「自己受容」の観点から1項目ずつ書評しております。

今日は、「非を認める事は「負け」じゃない 」についてです。

タスクの話です。

  1. 仕事のタスク
  2. 交友のタスク
  3. 愛のタスク

アドラーはこの3つのタスクを、勇気を出して乗り越ろと言っております。

1「仕事のタスク」は、仕事上多少自分を作ったり、相手に合わせたりしても、

仕事という時間に限定されていますから、意外にストレスのコントロールも可能ですし、

最悪辞めるという事も、可能です。

 

2「交友のタスク」は、友達が必要か?親友と呼べる友達がいるか?

と言った話でしたが、友達を必要としない人もいるという事で、

友達が多ければ良いと言う事でもない、となっています。

青年も私もこれから親友を作る事ができますか? の質問に、

もちろんです。

あなたが変われば、周囲が変わる、かわらざるえなくなるという事です。

アドラー心理学とは、「自分が変わる為の心理学です」と哲人はいいます。

そして3「愛のタスク」

これが一番難しいと哲人は言います。

恋愛や結婚は別れがあるが、

親子関係は死ぬまで続きます。

 

そして、私の経験上、一番多い心理的な問題の原因は親子の問題です。

ただ、アドラーは逃げてはいけないと言っています。

結構厳しいですね、アドラー心理学は。


アドラー女子になる為に・・・」のページができました。

宜しくお願いいたします。

アドラー女子になる為に・・・

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話