企業への「マインドフルネス」導入ならこちら

敵はアレルギーにあり!? あなたの肥満は食べ過ぎじゃないかも


敵はアレルギーにあり!? あなたの肥満は食べ過ぎじゃないかも – ライブドアニュース

 今日も元気だ、ビールがうまい。だけど気になる腹の肉。「◯◯さんがやせたって」。職場の噂が気にかかる。去年も言った気がするが、正月前に今年も言おう。「来年こそ、やせる!」(きっぱり)。「あなたの肥満はアレルギー?」「満腹中枢を手なずけろ!」「ブル中野さんが60キロやせたワケ」――本気でやせるコツを、AERAが真面目に大特集。

大して食べていないのに体重が増える。それがアレルギーのせいだとしたら。腸内に原因があったとしたら──。太りやすさを探る最新検査があるという。

*  *  *
宮城県に住む男性Aさん(38)が、遅延型フードアレルギー検査を受けたのは、5年前だ。「面倒くさい」と気乗りしなかったが、妻が一緒に受けようと勧めるのでしぶしぶ検査した。数週間後に送られてきた結果は、乳、卵、小麦に、強いアレルギーがあるというものだった。どれも普段食べまくっているものばかり。

「子どもの頃にアトピーで悩まされた経験があったし、食品関連の仕事をしているので、食には敏感なつもりだった。検査に対して疑心暗鬼だったので、何もせずにそれまで通りの食生活を続けました」

●3週間で5キロ体重減

そのまま数年が経過。風邪を引きやすくなり、30代後半に差しかかりガタがきたのかな、と感じ始めていた頃、友人から一冊の本をもらった。プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチがグルテンフリーの食事法について書いた『ジョコビッチの生まれ変わる食事』。

以前受けた検査のことを思い出した。自分も小麦にアレルギーがあると出ていたな、と。よし、グルテンフリーをやってみるか。

初めは、何を食べればいいんだ、と途方に暮れたという。菓子パンなどが大好き。コンビニに行っても、売られているものはほとんど小麦が入っている。しだいにコンビニに行かなくなった。

家では乾物や魚を中心とした和食に変え、外食は寿司がいいと気づいた。甘いものがほしいときは、アイスの「あずきバー」やようかんを食べる生活になった。我慢が必要だったのは、初めの3、4日。それを過ぎたら、そんなに気にならなくなってきた。

185センチあるAさん、当時体重は78キロ。肥満体形ではなく、ダイエットのためではなかったが、初めの3週間で5キロ、半年しないうちにさらに5キロ落ちた。

「みるみるやせたので、周囲の人は、何か病気をしたんじゃないかと思ったようですが、体調は快調そのものでした。3週間たったあとに試しにパンを食べてみたら、胸焼けするような感じがして、ぐったりきた」

その後、海外旅行先でパンかパスタを食べるしかなくなったのをきっかけに、グルテン摂取を解禁したが、いまでも少し体調が悪いなと思ったら、グルテン断ちをするのだという。

遅延型フードアレルギーは、IgE抗体が関係する即時型のアレルギーと違って、IgG抗体が引き起こすアレルギーだ。数時間から数日かけて症状が出るため、自覚がない人が多いが、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、頭痛、うつなどさまざまな慢性的不調の要因になっている場合がある。そのひとつに、肥満もある。Aさんの場合は肥満ではなかったが、体重減少とともに、体の状態が改善された。

ダイエット外来やアレルギー科を持つエミーナジョイクリニック銀座(東京都中央区)では2010年からIgGフードアレルギー検査を導入している。予防医療や機能性医学に詳しい同クリニックの伊東エミナ院長に話を聞いた。

「肥満にはさまざまな原因が考えられます。ストレス、背骨の歪みからくる自律神経や代謝の問題、そして腸の問題です。IgGは、代謝や腸の状態と関連性があると言えるでしょう」

●炎症が脂肪蓄積の遠因

ダイエットとは、要は代謝の問題だと伊東院長は言う。代謝の役割を担っているのは、細胞の中にあるミトコンドリア。エネルギー工場のようなもので、ミトコンドリアがうまく働かず滞ってしまうと、脂肪を燃やせず、取り入れるエネルギーのほうが過剰になって、やせなくなる。

「アレルギーとは、つまり炎症です。炎症は体にとってストレス。やせないということを肥満ととらえがちですが、実は炎症の悪循環なんです。そこにかかわるひとつの要素として、IgGアレルギーがある」と伊東院長。

体の中で炎症が起きると、ミトコンドリアでのエネルギー産生が落ちる。さらに、ストレスや炎症に対してアドレナリンやコルチゾールなどの抗ストレスホルモンが出る。抗ストレスホルモンが出ると血糖値が上がるので、それを抑えるためにインスリンが過剰に分泌されるようになり、脂肪がたまりやすくなる。

抗ストレスホルモンのひとつ、アドレナリンには消化管の運動を低下させる作用もある。消化不良の食物は悪玉菌のえさになるため、腸内環境が悪化する。腸の環境が悪いと、よりIgGアレルギーを引き起こしやすくなる、という悪循環が生まれる。

また、「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質セロトニンも関係している。「炎症とセロトニンは、シーソーのような関係。体に炎症が起きていると、セロトニンは減る。でも人間はどうにかしてセロトニンを増やしたい。それが手っとり早くかなうのが、甘いもののドカ食いです」(伊東院長)

ドカ食いで一時的にセロトニンは出るが、炎症は悪化し、マッチポンプのような状態が続く。ドカ食いが習慣化している人は、大本にはIgGアレルギーの可能性があるかもしれないのだ。

このように「炎症」と「腸」をキーワードに、さまざまな作用が働いて、肥満につながっていくと見られている。

IgG抗体の検査で強い反応が出たらどうすればいいのか。同クリニックでは、その食品を除去するとともに、食事療法とサプリメントによる総合的な腸内環境治療を行う。期間は人と症状によるが、3カ月ほどで効果が見られることが多く、食品によっては再開できるものもあるという。

●食物除去は慎重に

試しに記者もこの検査を受けてみた。USバイオテック研究所の日本代理店、アンブロシアが販売している「IgG96スタンダード・フード・パネル(日本)」(税込み2万8728円)という検査だ。少量の血液を採取するだけで、日本人の食生活にあわせた108項目の食材に対する抗体が調べられる。検査方法は簡単だ。ランセットという器具を使って、指先にプチッと針を刺す。出てきた血を検査紙に染み込ませる。10分程度で済み、痛みは針を刺す一瞬のみ。

通常は2週間程度で結果が送られてくる。記者の場合は、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルトに強レベルのアレルギー反応が見られた。カゼイン、カッテージチーズ、あわび、バニラにも中程度の反応。同時に受けた男性カメラマンは、全項目が低反応以下という結果だった。頭痛、慢性疲労、冷え性、肌荒れ。思い当たる症状は多数あり、何かしらアレルギーがあるだろうと思っていたが、大好物の乳製品だったとは。どんな食品で代替ができるのか、まずは食生活を見直してみようと思っている。

食べすぎによる肥満だと思っていたものが、実はアレルギー体質の結果だったとしたら。IgG抗体検査は、ダイエットの新常識になるかもしれない。

だが、それには懐疑的な見方もある。日本アレルギー学会は昨年、「食物抗原特異的IgG抗体検査を食物アレルギーの原因食品の診断法としては推奨しない」とする注意喚起を出した。その理由として、

(1)食物抗原特異的IgG抗体は食物アレルギーのない健常な人にも存在する抗体である。(2)食物アレルギー確定診断としての負荷試験の結果と一致しない。(3)血清中のIgG抗体のレベルは単に食物の摂取量に比例しているだけである。(4)よって、このIgG抗体検査結果を根拠として原因食品を診断し、陽性の場合に食物除去を指導すると、原因ではない食品まで除去となり、多品目に及ぶ場合は健康被害を招くおそれもある──を挙げている。

IgG抗体検査のエビデンスが十分でなく、検査後に行う食物除去で、摂取する栄養素に偏りが出ることのリスクを懸念しているわけだ。特に成長期の子どもの場合など、間違った除去食はアレルギーより重大な問題にも発展し得る。

アレルギーのある食物をただ除けばよいのではなく、その食物でとっていた栄養素を他の食物で補うことが必須だ。実施する場合は、医師や栄養士の指導のもとで行ったほうがいいだろう。

●自宅で採便して返送

肥満にかかわる検査は、他にもある。近年注目される腸内細菌叢(腸内フローラ)の検査。こちらも手軽にできるという。
昨年11月から始まった「マイキンソー」は、理化学研究所認定ベンチャーのサイキンソーが運営する腸内細菌叢検査サービスだ。1万9440円(税込み)の検査キットを購入し、自宅で採便、返送すると約6週間で結果が出る。次世代シーケンサーと呼ばれる最先端の装置を使い、米粒大の便から、菌のDNA情報を解析する。

サイキンソー代表取締役の沢井悠さんが説明する。

「かつては、腸内の菌の検査というと、一つ、二つの限られた菌を検査する方法しかなかった。培養法といわれるもので、例えば食中毒菌、O157などを調べるのに使われます。腸内フローラの検査は、健康な人のおなかの中にすみついている菌の全体を見るという方法です」

腸の中にはほとんど酸素がない。酸素の少ない状態に適応している菌がほとんどで、外気に触れる状態のシャーレで培養しても見つけることができないのだ。だが、DNAは、菌自体が死んでも見ることができる。菌からDNAを取り出して網羅的に読むことで、腸の中の全体像を調べることが可能になった。

検査でわかることは五つ。「太りやすさ」「腸のタイプ」「菌の多様性」「主要な菌の割合」、そして「腸内の菌構成」だ。

●太りやすさは腸内から

「太りやすさ」は、ファーミキューテス門とバクテロイデーテス門と呼ばれる二つの菌の比率(FB比)から判断する。この場合の太りやすさとは、太りやすい食べ方をしているかどうか、という意味だ。ファーミキューテス門は、脂分の多い食生活をしていると増える。肥満度が高い人ほど、この比率が大きいという報告があり、「デブ菌」などとも呼ばれ話題になった。また、バクテロイデーテス門は、穀物を主とした食事で増える。

そもそも腸内フローラとは、菌の集合体だ。約1千種類、数として100兆以上の腸内細菌が生息していて、それがひとつの生態系として機能している。いろいろな菌がバランスよくいることが大事で、多様性が高い、つまりバラエティーに富んでいるほど病気になりにくいという研究結果もある。検査では、平均と比べた場合の多様性の高さがわかる。

腸内細菌は具体的にはどのように肥満にかかわっているのか。

人間自身が利用する糖分、脂肪分というのは小腸で吸収される。吸収されずに残るのが食物繊維。それが大腸に届いて、腸内細菌の栄養になる。

「腸内細菌は食物繊維を餌にして、短鎖脂肪酸という物質を作ります。これが神経に作用すると、代謝が活性化する。あるいは脂肪細胞に働きかけると、脂肪の蓄積がストップする。短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ、というメカニズムが仮説として言われています」(沢井さん)

腸内フローラ検査の利用者は30、40代が多く、女性が6割。一般と法人あわせ、これまで2千件ほどの検査が実施されている。もともとおなかが弱い、と感じている人が多くいるという。検査結果に照らすと、菌の多様性や、酪酸産生菌割合などが、おなかが強いのか弱いのかの目安になる。

おなかが弱い人が食物繊維をとると、余計におなかを壊すので注意が必要だ。まずは正常な菌の状態に戻すために、食物繊維ではなく、プロバイオティクスなどの善玉菌を取るべきだという。1、2カ月経てば腸内環境は変化するため、定期的にチェックすることで取り組みの効果を測ることもできる。

腸内フローラ検査は新しい分野で、データ数がまだ少ない。今後データが蓄積していくことで、疾患との関連もより明確になると見られている。

●遺伝タイプに応じて

最後にもうひとつ、肥満にまつわる検査を紹介したい。

主な生活習慣病は生活環境に要因があるケースが7割とされているが、肥満は遺伝的な要因が7割とされている。肥満外来のあるウェルネス ササキクリニック(東京都板橋区)では、肥満遺伝子検査を行っている。佐々木巌院長が説明する。

「10年ほど前からこの検査を行っていますが、肥満外来を訪れる患者さんの6、7割程度が、何かしらの肥満遺伝子を持っています」

導入しているのは、個人向けにも販売されているダイエット遺伝子検査キットDNA SLIM(税込み7290円)。口のなかの粘膜をこすってとるだけで、5種類の肥満遺伝子をチェックできる。

まず、食行動調節系遺伝子と呼ばれ、食の嗜好にかかわる二つの遺伝子、「高カロリー嗜好遺伝子」と「過食傾向遺伝子」。これらの遺伝子を持つ人は、無意識に高カロリーのものを好んで食べてしまったり、過食になりやすかったりする傾向を持つ。

次に、エネルギー代謝調節系遺伝子と呼ばれ、基礎代謝の低下にかかわる遺伝子には、「内臓脂肪型」(糖質代謝が低く内臓に脂肪がつきやすい)、「皮下脂肪型」(脂質代謝が低く下半身に脂肪がつきやすい)、「やせ型」(たんぱく質が代謝されやすく筋肉がつきにくい)の三つがある。

もちろん、遺伝的な要因があるとわかったところで、遺伝子を組み換えられるわけではない。メリットは、遺伝タイプに応じて、より効果の出やすい食事、運動を指導できることだという。

「内臓脂肪型の場合は、糖質過剰摂取を控え、有酸素運動を積極的に行います。皮下脂肪型の場合は、脂質の割合を減らし総カロリーを調整します。やせ型の場合は、筋力トレーニングをして筋肉量を落とさないようにします」(佐々木院長)

正しくダイエットをしているはずなのに成果が出ない人は、その原因が思いもよらないところにあるかもしれない。さまざまな角度から生活を見直してみるという意味でも、これらの検査を活用してみてはどうだろう。

AERA 2016年12月26日号

登録はお済みですか?

 

ご登録はお済ですか!?

最新の情報をお伝えいたします!!

okabejun
 姓  *
 名  
メール   *
携帯電話